インドアでできるゴルフスクールが人気の理由

  1. ホーム
  2. ゴルフに必要な保険

ゴルフに必要な保険

ゴルフ

思わぬ出費になる場合も

コンペで友人がホールインワンをした時には本人だけでなく周囲も大騒ぎになったものです。その後祝賀会やゴルフ場での記念植樹などが行われたのですが、その費用は全て本人の負担です。贈答用の記念品やキャディーさんなどゴルフ場関係者へのご祝儀なども含めると数十万円単位の金額になってしまいました。ホールインワンはゴルファーにとっては嬉しい出来事ですが、かなりの出費を伴うことにもなってしまいます。幸い友人はホールインワン保険に加入していたのでこれらの出費を補うことができました。ホールインワン保険はアマチュアのゴルファーが加入できます。これは日本国内のゴルフ場で一定基準のラウンドをした場合に適応になります。公式戦以外なら同伴プレーヤーとキャディーが証人となることが必要です。証明書に証人が記名、捺印をして祝賀会などにかかった費用の領収書を添付して保険会社に提出します。基本的にセルフプレーの場合は保険は適応外となります。しかし保険会社によってはキャディー以外のゴルフ場関係者やほかのプレーヤーの目撃証言、プレーのビデオ撮影などの証拠があれば可能になる場合もあります。ホールインワン保険は加入時に条件を確かめることが大切です。また保険会社によって掛金や補償金額も違ってきます。ホールインワンの補償金額も数十万円から中には百万円程度まで設定しているところもあります。払い込みも月掛けやまとめて一年分支払うことができます。プレー回数の少ない人は一日だけホールインワン保険を掛けることもできるので便利です。通常の保険に比べて数百円と掛金も少ないので万一に備えて加入しておいたほうが安心です。