失敗した時の話

悪い歯医者にかかるとどうなる?

歯医者での治療は簡易的な手術といっても過言ではありません。
そのため失敗して良くない歯医者に当たってしまうととても恐ろしい目に合ってしまう場合もあります。
例えば近所に歯医者が出来たのでラッキーとその歯医者を利用し内装もとてもオシャレで今後も利用しようと思っていたのにいざ診察になると手がぷるぷると震えていているし診察は雑でとても痛く肉体面でも精神面でもとても辛かったなんて事があります。
他にも診察中に気になった事を聞いていただけなのに診察時間が延びてしまうし言ってもわからないだろうから質問しないでくれなんて言ってくる医者の方もいるそうです。
こう言った話を聞くと歯医者を選ぶ際には技術面だけでなく担当医の方が話しやすい方だととても気持ちよく診察を受けられそうですね。

良い歯医者だって失敗する事はある

どんなに優れた医師でも人間です。
そのためどれだけ評判が良い歯医者であっても失敗してしまうときがあるのです。
特にインプラントは完全に手術のため虫歯治療などに比べるととても難易度が高いようでとても腕の立つ医師の方でも成功する確率は90パーセントくらいなのだそうです。
その中でも一番多いトラブルは上顎洞と呼ばれる頬の下の空洞あたりが一番多いそうです。
良い歯医者ですら100パーセントではないのですから悪い歯医者に当たってしまった場合を考えるとぞっとしますね。
ですが良い歯医者というのは失敗してしまった際にもその対処が出来るだけの技術を備えている物のようです。
そのためやはり良い歯医者は失敗からも色々なことを学んでいると言う事がわかりますね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ